Buffalo 有線ルーター BHR-4RV 〜VDSLモデムとの相性〜

Buffalo 有線ルーター BHR-4RV


BUFFALO BHR-4RV

BBR-4HG (BBR-4MG) をずっと使っており、特に不満もなく快適に動いていた。
しかし、無性にルーターが買いたくなったので BHR-4RV を買ってみた。
YAHOO!オークションで中古品が5,000円くらいだった。

BHR-4RV BBR-4HG(BBR-4MG)
CPU Broadcom4704 264MHz Infineon(ADMTech) ADM5120P 175MHz
RAM 64MB 8MB

BBR-4HG/4MG と比べると、BHR-4RV は大量にRAMを積んでいることが分かる。
その恩恵を受けて、BBR-4HG/4MGのセッション数は800だが、BHR-4RVは2048である。
また、BHR-4RVはLinuxベース(Kernel2.4)なので、メモリ食いなのだろう。

BHR-4RVはVPNサーバーの機能を持っているので、いずれ試したい。
なんとなく、BuffaloファームはDD-WRTを採用しているのではないかと疑ってしまう。

BHR-4RV VDSLモデム との相性


BBR-4HG/4MG の時は何ともなくモデムに接続できたのだが、BHR-4RVはどうがんばってもVDSLモデムとの接続が完了しない。
むぅ…。
どうなってんじゃ。

2008/06/15 22:25:57 PPPoE Couldn't get channel number: Transport endpoint is not connected
2008/06/15 22:25:57 PPPoE Connecting PPPoE socket: 00:00:00:00:00:00 0000 0x10012000

ログを見てみると、こんな感じで永遠と接続を試みていた。
DHCPによるWAN側IPの取得も失敗する。

ISP は DoCANVAS、レンタルしているVDSLモデムは VF100T というもの。
この機器で検索したところ、
VDSL装置とルータを接続するとインターネットが不安定になる不具合
という記事を発見。

なるほど、VF100T はわがままなVDSLモデムだなぁ。どうやら BHR-4RV と相性問題を引き起こしているらしい。
VF100T には後継機に VF200F6 というものがある。
サポートセンターに電話してモデムを換えてもらうことにした。

サポートセンターのお姉さん:
「モデム直付けの場合のみサポートします。
ルーターを介してのサポートは致しかねます。
VF100を新しい型番のモデムに替えることもできません、
お客様のお宅はVF100のみ対応となっております。」

なんてこった。
このまま泣き寝入りかと思ったが、他社ISPのHPに「VDSLモデムとルーターの相性が悪い場合は間にハブを挟むと改善される」とあった。
さっそく、これまで活躍していた BBR-4HG/4MG をブリッジモードにしてHUBとして接続すると…(゚Д゚)ウマー

VDSLモデム - HUB - ルーター -
HUBをたくさん跨ぐのは嬉しくないが、これで無事 BHR-4RV 導入できた。

AppleCare Protection Plan Mac Book Air iMac

RSS MarkRSS Mark 2
   
 


        ※このHPにより生じたトラブルについて、一切責任を負いません。