古いノートPCで自宅サーバー 〜ThinkPad 240Z (2609-72J) スペック〜

ThinkPad 240Z (2609-72J) のスペック


ThinkPad 240Z img

CPU 低電圧版モバイル Celeron-500MHz
チップセット 440MX
RAM MAX 256MB (PC-100 SDRAM)
キャッシュ 128KB二次キャッシュ(CPUに内蔵)/128KB
ドライブ類 FDD, CD-ROM ドライブなし、2.5インチHDD
ディスプレイ 10.4型TFT液晶
解像度 800×600ドット/1677万色
ビデオメモリ 2MB / 2MB (ビデオチップ内蔵)
イーサネット 10/100 Base-T Ethernet
PCカードスロット TypeT/U×1、CardBus
その他端子 赤外線、モデム、シリアル(9ピン)、パラレル、ディスプレイ、ヘッドフォン、マイクロフォン、ライン入力、マウス/キーボード共通ポート、外部ディスケットドライブ

今となっては古くなってしまったが、IBM時代の逸品だ。
ヤフオクで1万円程で落札。
状態も良く、完全に動作する。

モバイルPCとして未だバリバリ使えるが、解像度が800x600と物足りない。
そこで、モバイルは SONY VAIO PCG-Z505 に任せて、サーバー用途として働いてもらうことにした。

自宅サーバーにするにはCeleron 500MHz、メモリー256MBというスペックは勿体無いくらいだ。
モニタの電源は落とし、HDDをCFカードに差し替え、静音かつエコな自宅サーバーにしたい。

AppleCare Protection Plan Mac Book Air iMac

RSS MarkRSS Mark 2
   
 


        ※このHPにより生じたトラブルについて、一切責任を負いません。